--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月14日

たった7球の夏?悔いなき高校最後の夏?♪

 大阪では、梅雨が明けないのに、厳しい暑さの日が続きます。各地で、はじまっている夏の高校野球の地方大会が盛り上がってきましたね。
 大分県の大会で、脳梗塞に見舞われながらも、リハビリ、トレーニングを重ねて復活をした高校球児の話を耳にしました。
高校野球:脳梗塞克服の投手が
最初で最後の登板 大分大会

 3年前に脳梗塞(こうそく)で倒れ、リハビリとトレーニングを重ねて約130キロの直球を取り戻した大分県豊後大野市の県立三重高3年、広田一弥投手(18)=同県臼杵市=が13日、夏の高校野球選手権大分大会で「一回きりで走者が出たら交代」を条件に最初で最後の登板をした。先頭打者に四球を与え、7球で終わった広田投手の「夏」。チームは2対9で敗退したが、「もっと投げたかったけれど、悔いはない」と、すがすがしい表情で球場を去った。

 広田投手は小学校低学年から野球を始めた。野津中3年の6月、地区の中学軟式野球大会でエースを務め、約130キロの速球を武器にチームを優勝に導いた。近隣や大分市内の強豪高から注目されたのもつかの間、大会3日後に学校で倒れた。失意の広田投手の元に、三重高野球部の上尾隆一監督(44)が花束と硬式ボールを持って見舞いに来た。地区大会の投球を「すごい」と感じた監督から「野球を続けよう」と励まされ、広田投手は「野球ができる」と望みをつなぎ同校に進学した。

 1年時は、週に1度の病院通い。ランニングもままならず、他の部員に歩いて続いた。新チームになった昨年秋、「広田は頑張っている。やる気を引き出したい」と部員全員で話し合い、「夏の初戦を投げさせよう」と決め、エースナンバーを託した。

 今年4月、米大リーグのイチローら有名選手のトレーナーとして知られる小山裕史氏が主宰するスポーツ研究施設「ワールドウィング」(鳥取市)に行き、機能回復訓練をしてから、次第にマウンドへの自信がついてきた。

 そして、この日迎えた晴れ舞台。対戦相手は高田高。広田投手はまひで自由が利かない左手をグラブの中にしっかりと納め、駆け足でマウンドに向かった。投球の合間には、両腕を前に突き出して交互に曲げ伸ばしする仕草をした。ワールドウィングで教わった、体をほぐす運動だ。3球続けてボールの後、4球目はストライク。スタンドがどよめいた。5球目はファウル。フルカウントで迎えた6球目もファウル。7球目はコースをはずれ、四球でマウンドを降りた。広田投手はスタンドに向かって一礼。ベンチの仲間に「よくやった」「ナイスピッチング」と拍手で迎えられた。

 上尾監督は「今日は生き生きしていた。ノースリーからフルカウントになった時は感動した。3年間よく頑張ったと言ってやりたい」と話した。

 試合終了後、落胆する仲間の元へ戻った広田投手は「ありがとう」と一人一人と握手を交わした。「マウンドは暑くて気持ち良かった。先生や仲間の支えがあったからこそ、ここまでこれた」と感謝する広田投手。高校最後の夏は7球で終わったが、プロ野球選手になるという、夢への一歩を踏み出したばかりだ。【金秀蓮】


 「苦しいとき辛いときに、ハンデと戦う広田投手の姿に励まされた。」「広田投手が一番がんばっていた」と、チームメート全員から贈られた夏の大会のエースナンバー「1」だったそうです。そしてその「1」を背負っての先発マウンドでの全力投球でした。試合は惜しくも敗れたものの、素直に「先生や仲間の支えがあったからこそ、ここまでこれた」と言える彼に悔いなど一片もなかったでしょうね。

 yozoは野球が好きで、プロ野球の試合結果はいつもチェックしています。高校野球は確かにスピード、パワーともに、プロ野球の足元にも及びません。でも普通の高校生が、一生懸命に打ったり、投げたりするひたむきな様子に心を動かされるのですよね。久しぶりに、この7球のナイスピッチングのことを聞いて、感動しました。

ぽちっと応援お願いします♪ m(_ _)m  人気blogランキング

スポンサーサイト

メイン

≪New BlogPet「うさも」の背景紹介?夏?4 | Top | ネットでわらしべ長者♪ Old≫

トラックバックURL


コメント

yozoさん(*・ω・)ノ~☆コンバンワ♪
(T∀T)ウルウルなんて感動なんでしょう。
何かハンデを背負っている人のほうが得てして強い時ってありますよね。
そういう姿を見たり聞いたり読んだりすると、
あぁ頑張らなくっちゃって気持ちが蘇ってきます(蘇るってことは・・しなってるってことなのか?!ヲィww
よーし。がんばろ~っと♪
いいお話ありがとうございましたぁ(。・ω・。)ゞピッ♪

コメント

こんばんはー。こちらもお邪魔します♪
うんうん。このニュース読みながら・・・。鳥肌。
こうゆーの弱い。泣くツボだったりするんだぁー・・・。
奇跡とか。。私信じないの。なんか運とか神様とかそんな感じがするじゃない。
違うよね。みんながんばってるんだよね。
がんばって、がんばって、広田選手もエースナンバーもらったんだよね。そして投げた。
がんばったから、出来たんだよね。
高校野球、去年県予選の決勝を見に行ったの。負けたチームの投手と捕手がいつまでもキャッチボール辞めなくて、、、最後は1mくらいの距離になるまでしてたの。。。関係ないのかもしれない。私には。でも泣けたの。
いいね。今年も見に行こうかなって。yozoちゃんの記事見て思った。
ステキな話ありがとね。

コメント

>yozo殿
こんばんはー。
もー、、、ほんとに感動ですね!
何事も諦めないことが一番ですよね。
全力でぶつかって諦めずに挑戦して、
どんな結果になっても悔いの残らないようにしなくちゃと
何だかとっても元気付けられましたー。

コメント

yozoさん、こんばんわ♪(゚▽゚*)
野球自体は特に好きってワケではナイのですが、高校野球はカナリ好きです!!
特に地方大会が好きですね~。
甲子園もそうですが、地方大会にはそれはそれでドラマがありますから(笑)
高校時代に吹奏楽部だった私は、よく応援にいきました。
女子校だったので、友達のいる男子校の応援によく部活サボって参戦しに行ってた頃のコトを記事をみて思い出しました(笑)
いやいや、当時は「今年は冴えないねぇ~」なんて冷やかしていた野球部メンバーの1人が今ではメジャーリーガーなのですから、この少年だってまだまだ希望はあります!!
これからも頑張って欲しいですね♪(゚▽゚*)

コメント

>モンビッケさん、こんばんはー♪
>(T∀T)ウルウルなんて感動なんでしょう。
そうなんですよ。かなりyozoも朝からウルウルしてましたよ♪
中学で脚光を浴びていただけに、脳梗塞になって後遺症と闘うことになるなんて、誰にも想像できませんからね。そしてこの監督とチームメイトとの信頼感は、本人が想像を絶するハードトレーニングに挑んでいたということなのでしょう。ただ再びマウンドに立つということの為にね。
>あぁ頑張らなくっちゃって気持ちが蘇ってきます
>(蘇るってことは・・しなってるってことなのか?!ヲィww
あはは・・・しなってるなんてことは・・・お互いなしということで♪
頑張らなくちゃって素直に思えるだけでいいですよね。(゚д゚)(。_。)ウン!

コメント

>enuちゃん、こんばんはー♪
>うんうん。このニュース読みながら・・・。鳥肌。
これは、yozoも泣けましたね♪半端なハンデなんてものじゃないですよね。絶望の淵からよくぞ這い上がってきたもんですよ。諦めずにいた広田投手に本当に感動させられました。
>がんばって、がんばって、広田選手もエースナンバー
>もらったんだよね。そして投げた。
いかに努力して、ピッチングできるまでの回復をしてきたのかが
良く分かりますよね。惜しくも四球でしたが、
気迫のピッチングだったのでしょうね。
>負けたチームの投手と捕手がいつまでもキャッチボール
>辞めなくて、、、最後は1mくらいの距離になるまでしてたの。。。
うん♪次のピッチングのためだったのかな?まだまだ闘いたかったのでしょうね。試合終了は、そこでもう力が余っていても闘えなくなっちゃいますからね。それもいいシーンですね。素直に彼らに未来あれ!って
思えますもんね。そして自分も頑張ろうってね。

コメント

>ばばるさん、こんばんはー♪
>もー、、、ほんとに感動ですね!
>何事も諦めないことが一番ですよね。
本当によく絶望せず、ハンデを克服しましたよね。脳梗塞で倒れたのに、
先発のマウンドに立って投げるなんてすっごいですよ!
>どんな結果になっても悔いの残らないようにしなくちゃと
>何だかとっても元気付けられましたー。
本当にその通りですよね。望みを捨てずに、諦めないことの大切さを
教えられたようです。力をもらいましたよね。(*´∇`*)

コメント

>Pavさん、こんばんはー♪
>特に地方大会が好きですね~。
yozoも高校野球の地方大会は好きでしたね。大阪では大阪大会の決勝戦だけはテレビ中継があったんですよ。高校野球が人気抜群のころは準々決勝からテレビ中継があったような気もします。(笑)(^○^)
>高校時代に吹奏楽部だった私は、よく応援にいきました。
そうだったんですか。スタンドからの応援も本当に夏の大会は
大変ですよね。yozoの出身校は、1年生のときにベスト16でしたが
3年のときは初戦負けでしたね。懐かしく思い出しますよ。(*^-^)ニコ
>野球部メンバーの1人が今ではメジャーリーガーなのですから、
>この少年だってまだまだ希望はあります!!
えっ?そうなのですか?この広田投手にも頑張ってほしいですね。
大好きな野球を続けて欲しいものですよ。ヽ(=´▽`=)ノ

コメント

夏の大会で高校球児の夏は終わるって言いますが、野球部のみんなの大会への思いも一方ならぬものだったと思います。
それでも彼らがそういう選択をしたというのは、広田投手が皆を納得させるだけの生き方をしていたからなのでしょう。そこまで導いた上尾監督に出会えた事も彼にとって、また野球部のなかまにとっても幸せなことだったなと思います。
どれだけの思いをこめて生きるか、と感動しました。
この事は知りませんでした。良い記事を教えていただきました。

コメント

yozoさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
これは本当に素敵な話ですね。
リハビリは苦しかったでしょうが、大会へ出たい思いがあったからこそ
頑張れたのでしょうね。
悔いはないとの言葉がとても清清しいです。
広田選手は本当に素敵な人たちに囲まれているのですね。
いい話でした。ありがとうございました。<(_ _)>

コメント

yozoさん、こんばんわ\(^0^)/
いい話ですね。練習についていけないと投げださずに、歩いてでも付いて行く根性は凄いと思います。
最初で、最後のマウンドだったでしょうけど、彼にとっては、有意義な時間だったでしょうね。
今日は、心洗われる話を聞かせてくださってありがとうこざいますm(_ _)m

コメント

>ととろさん、おはよーございまっす♪
 高校最後の夏の大会は、3年生にとっては本当に特別だと思います。練習に入る力も一方ならぬ思いで取り組んでいたのでしょうね。その中でチームメートから「1」を渡されることは、みながエースだと認めたことになります。上尾監督は本当によく生徒たちを指導されたのでしょうし、何よりも生徒たちが、それによく応えましたね。その集大成だから、最後の7球がこんなにも私たちの心を打つのでしょうね。
>どれだけの思いをこめて生きるか、と感動しました。
若い彼らから改めて大切なことを、教えてもらったような気がします。

コメント

>まゆびさん、おはよーございまっす♪
>リハビリは苦しかったでしょうが、大会へ出たい思いが
>あったからこそ頑張れたのでしょうね。
はい♪広田選手の努力は並大抵のものではなかったでしょうね。それだけのことを成し遂げ、復活した彼に心から拍手を贈りたいですね。
>悔いはないとの言葉がとても清清しいです。
>広田選手は本当に素敵な人たちに囲まれているのですね。
試合結果は本当に残念な結果でしたが、精一杯のプレイで力が及ばなかったことに涙したことでしょう。でも、精一杯だったから悔いはない。
大いに教えられることでしたね。

コメント

>ネーちゃんさん、おはよーございまっす♪
>いい話ですね。練習についていけないと投げださずに、
>歩いてでも付いて行く根性は凄いと思います。
本当ですね。恥ずかしかったでしょうし、本当にしんどかったのでしょう。
それでも頑張り続けたことが復活に至ったのでしょうね。素晴らしいことですね。
>最初で、最後のマウンドだったでしょうけど、
>彼にとっては、有意義な時間だったでしょうね。
きっと彼にとっての最高の舞台だったでしょうね。きれいなマウンドに立っての全力投球でした。その彼の「悔いなし」という言葉に本当に感動しましたよ。

コメントする

お楽しみ:
サイト管理者にのみ通知する

チェックするとコメントプレビューがオンになります。

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。