--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年01月17日

思いも新たに・・・阪神大震災のこと

 今日は大阪府在住のyozoにとって忘れられない日です。12年前の今日午前5時46分に激しい揺れを感じて飛び起きました。そして、次々に入ってくる被害の大きさに声を失くしました。

 それまでのyozoは恥ずかしながら、地震や台風などの自然災害に対して、全く危機感を持っていませんでした。小中高校での避難訓練など、授業時間が減って喜ぶことはあっても、何かを学ぼうなんて思ったことなんてなかったのです。そして、そのまま危機感など全くない大人になってしまっていました。

 それが12年前の今日、大きな誤りであったと思い知らされました。日本は地震国です。どこに住んでいようとも、誰もが同じような災害に見舞われる可能性があるんです。あの瓦礫の山を実際に目にして、はじめて危機感をもつことができました。(震災後に、仕事の都合で被災地付近に出かけることがあって、たまたま震災のツメ跡を目にしたのですよ。)

 幸いなことに、yozoの家は、震源地からも遠く離れていたこともあって、何の被害もなく、親類縁者、友人たちもみんな無事でした。ですが、これから先もそうであるとは限りません。避難訓練や災害時にどうすべきかという知識をもつ・・・災害に備えておくことは当然やっておくべきことなんです。

 yozoにとって、震災から12年目の今日は、犠牲となられた方々のご冥福をお祈りする日です。そして、「被災地のみなさんだけでなく、誰もが震災を教訓としなければいけない」と思いも新たにする日でもあるのです。



↓ ぽちっと応援お願いします♪ m(_ _)m
人気blogランキング

スポンサーサイト

スレッドテーマ:伝えたいこと:ブログ

メイン

≪New サイドメニューの折りたたみの設定 | Top | BlogPet「うさも」の背景紹介 冬の情緒 Old≫

トラックバックURL


コメント

こんばんはー。
あの震災からもう12年も経つのですね。
わがばばる県では震度4の地震でしたが、かなり揺れて怖かった記憶があります。
防災センターで阪神大震災や関東大震災の揺れを体験したことがありますが
本当に地震ていうのは恐ろしいものですね。
二次災害なんかがあると被害も甚大ですしね。。
私も普段からの備えは絶対大切だと思いますよ。
だから我が家でもおかーしゃんが地震に備えて色んなものを物置にストックしてます。

コメント

yozoさん、こんばんは・・・!
遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _*)>

今日、仕事中に日付を書いたとき、「17日・・・」と手が止まりました。
12年も経ったのですね。
12年前の朝。テレビ報道で見た、火事の映像が今でも目に焼きついています。
札幌は自分の地元茨城と比べると地震が圧倒的に少ないです。
ついつい、防災意識が薄れがちですが、気を引き締めないといけませんよね。

震災で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
今ここで、こうしてyozoさんをはじめたくさんのお友達に会えたことの幸せをかみしめています。

コメント

yozoさん、こんばんは~。

あの震災からもう12年が立つんですよね。
私は当時大阪に住んでいたものの、大阪の東の方なので、さほど被害はなく、親戚も全員無事でよかったのですが、ダンナは阪神高速の高架が崩れた付近の近所に住んでいたので、家は大丈夫だったものの、それはすごい経験をしたそうです。
今でもたまに当時のことを思い出して、防災意識の低い私に何かと指示してきますが、経験者が一番よくわかっているので素直に従っています。

日本は地震国だから、いつどこでそういう被害に合うのか誰もわかりませんものね。
日頃から防災意識を高めて、何かあっても冷静に対処できるようになっていきたいものです。

コメント

yozoさん、こんばんわ。
早いもので干支が一周してしまうほどの時間が経っているのですね。
当時も東京に住んでおりましたが、仲のよかった同級生が神戸に勤めていて
電話も繋がらず・・ということが記憶に蘇ります。
幸い友達は、歩いていけるところまで歩き
どうにか地元広島へと帰り着いたのですが、その無事を知った時は
胸を撫で下ろすような気持ちだったとともに
その最中に助からなかった方々も多かった事を考えると、ただただ胸が痛むばかりでした。
関東も大きな地震が来る、来る、と言われながらも未だまだ来ていません。
防災意識も日頃の生活にすっかり溶けてしまって薄れています。
こういう日を機にまたあらためて自分の意識を高めておく必要がありますね。

コメント

yozoさん、こんばんわ( ̄(エ) ̄)ノ ヤァ
もう、12年経つんですね。あの日、会社で、「凄い地震だったね。」と話していました。まさか、神戸で、あんなに酷い事になっているとは思いませんでした。
当時、滋賀に住んでいた弟は、食器棚が10cm動いたと言っていました。
実は、その日は、私の祖母が亡くなった日なんです。地震は、関係ないのですが、なので、私にとっても、忘れられない日です。

コメント

yozoさん、おはようございます

あの時、私は岐阜にいたのですが、それでもかなりゆれました。
確か震度4くらいだったと思います。
結構ゆれたなあ という程度でテレビをみてびっくりした記憶があります。

こちら大阪に引っ越してきて、今住んでいるところはそれ程被害のなかった所ですが、
震災を経験しているママ達はきちんと避難用品をそろえていたり、
寝ている部屋に家具をおかない とか、きちんとされています。
なので、こちらで触発されて、避難リュックやお水くらいはと準備した次第。
「準備した方がいい」と頭でわかっているのと経験者では雲泥の差です。
いい機会だと思って、非常食を少し入れ替えたりしました。
子供のためにも、自分はできるだけ冷静でいられるように準備しなければ と思います。

コメント

yozoちゃん。おはよう。
うん・・・。もう12年も経つんだね・・・。
遠くから映像で入ってくる情報に愕然とした記憶があります。
一体何が起こっているのかさえわからないままに、恐怖と不安とが入り混じった被災された方の表情が今でも鮮明に思い出されるよ。
私の住む町では、ここ数十年の間に大地震が起こる確率は99%。
確実に迫ってくるいつ起こるかも知れない大震災におびえて生活しています。
おきてみなければ分からない。自分が生き残っていられるかどうかなんて。
でも、最低限の備えは必要なんだって自分に言い聞かせています。
節目節目を教訓に、自分を見直す機会になるんだって思ったよ。
yozoちゃんの知り合いに犠牲者がなかったことはとっても幸いだったよね。
うん。
この記事をまた、教訓にして、もっともっと考えなければならないと思ったよ。
ありがとねー。

コメント

こんにちはyozoさん☆
あれから12年、本当に月日の流れるのが早いこと。。。
遠い札幌の地より犠牲者への方達へ手を合わせさせて頂きました。
そして被災者の方達の心の復興を願うばかりです。
北海道もここ数年、地震が続いています。
天災だけは仕方ないと諦めたり、風化させることなく
改めて考えなければいけない問題ですね。

コメント

yozoさん、こんばんは♪
もう12年ですね。テレビから入ってくる情報を見て
あまりにもの被害の大きさにびっくりしたことを思い出します。
日本は地震が多い国ですから、きちんと備えをしておかなければ
いけませんよね。またきちんとした知識も必要だなと思います。

コメント

>ばばるさん、こんばんはー♪

>わがばばる県では震度4の地震でしたが、かなり揺れて怖かった記憶があります。
そうでしたか?yozoも布団の中で、身動きがとれませんでした。揺れが収まるまで、
とても長く感じましたね。もちろん冷や汗たっぷりです。

>防災センターで阪神大震災や関東大震災の揺れを体験したことがあります
それはいい体験をされましたね。実際に体感してはじめて、思い知る・・・
だから、どうすればいいのだろうって素直に思えるものかもしれませんね。

>我が家でもおかーしゃんが地震に備えて色んなものを物置にストックしてます。
yozoんちも、枕元に避難グッズを置いています。いざというときに備えていても、
備えすぎるということはありませんもんね。

コメント

>mioさん、こんばんはー♪
こちらこそ、今年もよろしくお願いしまっす m(_ _)m

>今日、仕事中に日付を書いたとき、「17日・・・」と手が止まりました。12年も経ったのですね。
そうなんですよ。今でも早朝に飛び起きたことは、ありありと覚えていますが、その後、色々あったはずのことは、かなり不鮮明になってきています。

>ついつい、防災意識が薄れがちですが、気を引き締めないといけませんよね。
それは、yozoも同じですよ。被害がほとんどない地域にいたのですからね。ただ、ちょっと足を伸ばせば、震災のツメ跡を見せつけられるところにいたというだけですよ。ついついというのは同じかもしれません。

>震災で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、今ここで、こうして
>yozoさんをはじめたくさんのお友達に会えたことの幸せをかみしめています。
はい♪同感でっす。yozoも多くの尊い犠牲の上に、今、生きている自分があるんだって思うようにしたいです。そして、大切なものを守ることができるように最善を尽くしたいです。

コメント

>アルシュさん、こんばんはー♪

>大阪の東の方なので、さほど被害はなく、親戚も全員無事でよかったのです
それは、何よりですね。yozoも同じく幸いにも被害はなかったです。

>ダンナは阪神高速の高架が崩れた付近の近所に住んでいた
えっ?そうなのですか?ご無事で何よりでしたね。yozoにも、未だに震災当時のことを言葉にできない友人がいますが、推して量るべし・・・かもしれません。

>何かと指示してきますが、経験者が一番よくわかっているので素直に従っています。
被災された方の言葉には、重みがありますからね。yozoも正直、どうして備えていないんだ!って注意されることもありますよ。

>日頃から防災意識を高めて、何かあっても冷静に対処できるようになっていきたいものです。
同感です。いざというときに、大切なものを失うことだけは
避けたいですね。もちろん、自分の命もふくめて。

コメント

>モンビッケさん、こんばんはー♪

>仲のよかった同級生が神戸に勤めていて電話も繋がらず・・
ライフラインの断絶。無事の確認による通信の混乱。ただ、パニックだけでしたね。被害の状況だけは空からの映像ではっきり見ることができましたが、被災地のみなさんの難儀は後日談でしか知る由もない・・・そんな震災だったように思います。同級生の方が無事で本当によかったです。

>こういう日を機にまたあらためて自分の意識を高めておく必要がありますね。
この震災までは、yozoに防災意識はほとんどないなかったように思います。ですが、今では、決してこの苦い教訓を風化させてはいけないって思います。1月17日の尊い犠牲を忘れないようにしなきゃいけませんからね。

コメント

>ネーちゃんさん、こんばんはー♪

>あの日、会社で、「凄い地震だったね。」と話していました。まさか、神戸で、
>あんなに酷い事になっているとは思いませんでした。
yozoの会社でも緊急対策のミーティングからでした。もちろん出社できない人もいました。

>当時、滋賀に住んでいた弟は、食器棚が10cm動いたと言っていました。
yozoんちも、置物や食器が動いた程度で済んだと思います。無事でなによりでしたね。

>実は、その日は、私の祖母が亡くなった日なんです。
そうなのですか。ネーちゃんさんにとっては震災だけの日ではないのですね。とても辛い思いをされたことでしょう。ご冥福を祈り申し上げます。m(_ _)m

コメント

>なほまるさん、こんばんはー♪

>あの時、私は岐阜にいたのですが、それでもかなりゆれました。
そのようですね。震源地からかなり遠くでも、相当大きなゆれだったみたいですね。

>震災を経験しているママ達はきちんと避難用品をそろえていたり、
>寝ている部屋に家具をおかない とか、きちんとされています。
できることはちゃんとやっておく、というのが当たり前になってきているのですね。
yozoんちでもそうだし、ご近所もそのようですよ。

>「準備した方がいい」と頭でわかっているのと経験者では雲泥の差です。
そうですね。yozoもあの瓦礫の山を忘れないようにしたいです。被災した方には遠く及ばなくても、準備に抜かりのないようにだけはしておきたいですね。

>子供のためにも、自分はできるだけ冷静でいられるように準備しなければ と思います。
全く同感です。自分だけでなく、大切なものを失うことのないようにしたいですね。

コメント

>enuちゃん、こんばんはー♪

>遠くから映像で入ってくる情報に愕然とした記憶があります。
yozoもそうでしたよ。あの上空からの映像や、高速道路の高架が崩れているところなどは、本当にびっくりしました。同じ、阪神高速の高架下を走るときには、当分ビクビクしていましたよ。もちろん、崩れた高架の地区よりもはるか遠くのことですけどね。

>私の住む町では、ここ数十年の間に大地震が起こる確率は99%。
>確実に迫ってくるいつ起こるかも知れない大震災におびえて生活しています。
そうなのですか?yozoんちはどうなのでしょうね。とりあえず地震発生後、まもなく大阪湾に津波が押し寄せてしまうと、yozoんちも水没する地区なのかもしれません。それ以前に、家屋の倒壊、火事等に遭うかもしれません・・・そう考えると当然怖いですよ。だから、考えないというのではありません。だから、備えておくのですね。いざというときに悔いを残さないようにするためにね。

>この記事をまた、教訓にして、もっともっと考えなければならないと思ったよ。ありがとねー。
yozoこそ、教訓を忘れないようにしなきゃって言い聞かせているんですよ。昨年と同じネタというレベルの問題ではありませんからね。来年もきっと阪神大震災については記事にするつもりです。尊い犠牲を忘れないために。自分や大切なものを失うことのないようにするために。

コメント

>桜子さん、こんばんはー♪

>あれから12年、本当に月日の流れるのが早いこと。。。
本当にそうですね。被災地を通り過ぎるときには、よくぞここまで復興したものだと思いますが、
まだまだ、見た目だけと言わざるをえないこともあるようです。

>北海道もここ数年、地震が続いています。
そうですね。ついついyozoは大阪府在住ですから、阪神大震災ばかりとイメージするのですが、北海道でも大きな被害が出ていますよね。いつどこで誰が犠牲になるのかわからないんだという危機感はもっておくべきですね。そして、備えるようにしなきゃいけませんね。

コメント

>まゆびさん、こんばんはー♪

>あまりにもの被害の大きさにびっくりしたことを思い出します。
本当に、yozoも「うそやろ?」の連発でしたね。冗談のはずもないのにね。

>日本は地震が多い国ですから、きちんと備えをしておかなければ
>いけませんよね。またきちんとした知識も必要だなと思います。
仰るとおりですね。いつどこで被災するかわからないのですからね。
どうすればいいのか。とわかっておくことは大切ですね。いざというときにそれがものをいうはずですからね。避けられない災害であっても、被害を最小にする努力はしておきたいものですね。

コメント

こんばんは!
お邪魔したら、こちらのエントリが目に入りました。
実はあの時、遠い地に住んでいたのに飛び起きて「震源地だ!」って慌ててました。そしてすぐにリビングに下りてテレビをつけたの・・・
ととろのお友達が東灘区に住んでいました。最初、そこまでとは知らず電話をかけたら繋がらなかった・・・当たり前ですよね。何とかお昼になって連絡をと彼女の実家へ連絡をしてみたらお父様が「皆無事で明日こちらに着く」とのことでした。
彼女は迷ったけれど住める状態ではなかったので小さい子供さんを連れて歩いて三宮(だったか・・・?近場の電車の動く駅)まで来て一月ほど非難していました。お隣のマンションは倒壊・・・彼女の所は幅が狭い部屋で箪笥が倒れなんとそれにガードされて助かったと言っていました。本当に紙一重なのですね。
運命というにはあまりに理不尽な現実です。ちょっとした事で大きな違いがでてしまうんですね。
それでもやっぱり年々記憶が薄れて行くあの衝撃です。最近もいくつか悲惨な地震がありましたが、ととろもちゃんと心に留めないといけないなぁとこちらのニュースをみながら反省でした。

コメント

yozoさん( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪ご無沙汰してごめんなさいm(_ _"m)
災害は・・・忘れたくないですね・・・
σ(・ω・*)は噴火体験者です^^ 火山礫も火山灰も浴びました・・・
次の年・・・噴火が落ち着いた後で・・・泥流により・・・狭い町内可愛がっていた男の子が流されて亡くなっています・・・
20年経ちました。同じ火山で近年噴火があり、大事に至らなかったことで・・・
悲しいかな「あっそ・・・」と相槌を打たれ忘れられている災害です・・・
阪神大震災は・・・自分達のあの悲しみが何千という数になっていると思い・・・いたたまれない出来事でした・・・。忘れて欲しくない・・・万が一(絶対にあって欲しくないことですが・・・)更に規模の大きい災害が起きてしまったら・・・この12年の思いも忘れられるんだろうなと・・・日本の風潮を嘆いてもいます。
私は・・・1月17日・・・衝撃とともに私の幼い夏も思い出す日でした・・・
なので・・・新しい記事が投稿されるのを待つような形で本当に申し訳ないですm(_ _"m)
yozoさん・・・忘れず伝えましょうね^^

コメント

(*´ο`*)=3 ハフン こんにちわ・・・:*。。(o*_ _)oドテッ・゚☆
年齢を冷静に正直に思い出しましたところ・・・30年経っておりました・・・
(T∇T)アハハ・・・(|||_ _)ハハ・・・

コメント

yozoさん、こんにちは。
12年前のこの日。地震のことは、朝、ニュースで知りましたが、
その時には、こんなにも大きな被害で、こんなにたくさんの悲しみが、この世に満ちるとは、
思ってもいませんでした。
震災から2年後の冬、神戸の町を訪れる機会がありました。
街が頑張ってる。いろいろな場所で、そう感じる事ができたのを覚えています。
今年のこの日までに書きたいと思っていた記事があったのですが、書けませんでした。
でも近いうちに…って思っています。
あの日を忘れないために。

コメント

>ととろさん、こんばんはー♪

>ととろのお友達が東灘区に住んでいました。
そうだったのですか。連絡が全然つかないというので、さらに事態が混乱していたようでしたね。
それでも、お友達は無事でよかったです。倒れた箪笥が逆に命を救ったなんてある意味で皮肉ですね。本当に紙一重ですよ。たくさんの方が家屋の倒壊で亡くなっていましたから・・・もちろん倒れた家具で身動きがとれなかったというのも多かったはずですしね。

>ととろもちゃんと心に留めないといけないなぁとこちらのニュースをみながら反省でした。
そうなんですよね。忘れようのないはずのことなのに、忘れてしまうなんて・・・って自己批判しています。なんの被害もなく無事ですんだyozoだからこそ、ちゃんと教訓をして心に刻んでおかなきゃいけませんよね。

コメント

>ウッキさん、こんにちはー♪
yozoの方こそ、ご無沙汰してますよ。ごめんなさいね。m(_ _)m

>泥流により・・・狭い町内可愛がっていた男の子が流されて亡くなっています・・・
それは大変ショックだったでしょうね。お悔やみ申し上げます。m(_ _)m

>悲しいかな「あっそ・・・」と相槌を打たれ忘れられている災害です・・・
忘れられないはずだったのに、忘れてしまう。なんだか悲しいですね。辛いことよりもそのことの方が怖いといえるかもしれません。もちろん、yozo自身にも思い当たることがたくさんあってエラそうなことをいえたものではありませんけど。

>この12年の思いも忘れられるんだろうなと・・・日本の風潮を嘆いてもいます。
そうですね。確かに次から次へと全体の興味は移っていくのかもしれません。ただ、自分の中での重大な出来事は、他の人がどうであれ、風化させたくはありませんよね。

>新しい記事が投稿されるのを待つような形で本当に申し訳ないですm(_ _"m)
いえいえ♪そんなことは気に病むことなんてありません。
体験を語ってくださりありがとうございます m(_ _)m

コメント

>ウッキさん、こんばんはー♪

>年齢を冷静に正直に思い出しましたところ・・・30年経っておりました・・・
バタ ヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃バタ そんなことは・・・
ヒソヒソ(ノ・o・((。_。*)フムフム ここだけの話ということで。

コメント

>てるひさん、こんばんはー♪

>こんなにたくさんの悲しみが、この世に満ちるとは、思ってもいませんでした。
もしかしたら、これはひどい地震かも・・・とは思って飛び起きましたが、
まさかここまでとはyozoも思ってもみませんでしたよ。

>震災から2年後の冬、神戸の町を訪れる機会がありました。街が頑張ってる。
>いろいろな場所で、そう感じる事ができたのを覚えています。
「がんばろう神戸」というのが普通でしたからね。こんなことでくじけちゃいけない!って
被災されたみなさんが励まし合っていたころですね。(もちろん今でもそうなのですけどね。)

>今年のこの日までに書きたいと思っていた記事があったのですが、書けませんでした。
>でも近いうちに…って思っています。あの日を忘れないために。
いつでもいいですから、あの日を忘れないためにも、yozo自身のためにも、
大切なもののためにもお願いしたいです。m(_ _)m

コメントする

お楽しみ:
サイト管理者にのみ通知する

チェックするとコメントプレビューがオンになります。

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。